プラセンタにはどんな種類があるのか?

人の体にとって万能薬ともいえる“プラセンタ”ですが、そもそもこれが何からできているものなのかということを知っていますか?
プラセンタとは、“胎盤”のことです。
胎盤から作られるのがプラセンタであり、そのため基本的にはプラセンタというのは動物性のものが主となります。

 

一般的に使われることのあるプラセンタは、ヒト由来のもの、そして馬由来、豚由来、羊由来のものが存在しています。
それぞれ、1年に妊娠する回数などが違うわけですから、その分成分にも多少の違いが出てくるため質の良し悪しに変化が現れます。
そのため、効果にも違いが出ますし、副作用を含めた安全性に関しても違いが出てくるのです。
例えば、ヒト由来のプラセンタであれば、効果に関しても安全性に関しても非常に良質といわれており、その次が馬由来のプラセンタが良質といわれています。
食肉にもされる豚由来のプラセンタは大量生産ができますので、ある程度良質ではありますが、安価に手に入れることができます。

 

効果と価格はある程度比例はしますが、動物性のプラセンタであれば全体的にそれなりの効果は期待できるものなのです。

 

ただ、胎盤から作られるはずのプラセンタの種類の1つに“植物性プラセンタ”というのがあります。
植物には当然胎盤は存在しませんから、厳密に言えばプラセンタではないのでは?と思うかもしれませんが、植物の胎座からとることができるため、一応プラセンタの1つとして数えられています。

 

このような種類があり、基本的には動物性由来のものが“プラセンタ”であり、例外として植物性プラセンタがあると考えておくと良いでしょう。
それぞれ、サプリメントに使われるもの、注射として使われるもの、化粧水として使われるものと分かれていますので、効果の強さや得たい効果によって何由来のプラセンタを使うことになるのかをまずは知っておくと良いでしょう。

1番効果が高いのはやはり動物性プラセンタ!

プラセンタと一言で言っても、実際には胎盤由来のものではないという植物性プラセンタや、マリンプラセンタというものがありますが、やはりこれらと大きく違い本家本元ともいえる動物性プラセンタは他のプラセンタとは違い成長因子が含まれています。
これが、万能薬といわれる由縁なのです。

 

成長因子が含まれていると、どのような利点があるのか?ということですが、成長因子が含まれていれば、体の細胞に働きかけることができます。
そうなれば、肌の代謝をアップすることができますから皮膚の再生を促進することができます。
細胞に働きかけることができるということは、美白効果だけではなくアンチエイジング効果を得ることも可能になりますし、鬱病を改善する効果などに関してもホルモンに働きかけることができるという観点から期待ができます。

 

プラセンタとは元々胎盤という意味になりますので、やはり本物の胎盤から抽出した成分を使っている動物性プラセンタであれば、様々な点に効果を発揮することができるのです。

 

基本的には植物性プラセンタにはない効果を動物性プラセンタは持っているので、その点でも非常に効果が高いと言えます。
ただ効果が高いからこそ、副作用が心配されるというデメリットもあります。
合う・合わないというのは個人差がありますので、必ずしも副作用が出ると決まっているわけではありませんが、化粧水、サプリメント、注射薬など様々な製品に動物性プラセンタは使われているので、高い効果を期待して使うのは良いですが、効果の高さだけではなく自分の体質に合うか合わないかというのを確認してから常用するようにしましょう。

更新履歴